緊急情報

 
 特にありません。

お知らせ

★令和4年度 4月入園の希望者の方へ
年中(4歳児学級)、年長(5歳児学級)

  のみ、入園が可能です。

 なお、年少(3歳児学級)は、

 定員に満たしているため、

 申し込み後、ウェイティングリストに

 より、退園者がいる場合

 順次入園が可能となります。

 

★未就園児の会「こばとくらぶ」
   こばとクラブは、

   毎回、多くの皆さまに参加を
   いただきました。
   ありがとうございしたた。

 予定は、間もなく公開します。


  

★令和4年度入園希望者の方へ
 
 本園に来園し施設見学を
 ご希望の方は電話でご連絡ください。
 また、来園した方には、
 幼稚園要覧をお渡しいたします。

なお、以下のものは、

昨年度の幼稚園説明会の資料です。


令和3年度幼稚園説明会資料.pdf


     

★不安や悩みを抱えた際には・・

  ①不安や悩みを抱えた際は、
  幼稚園にご連絡ください。
  教員やスクーカウンセラー
  が相談に応じていきます。

  幼稚園電話番号は、
  03-3408-4785
  です。

 ②港区立教育センターでも
  相談を受け付けています。

 ◎電話相談 
  電話番号
  03-5422-1546 
  受付時間
  9:00~19:00

 ◎教育相談 
  電話番号
  03-5422-1545 
  受付時間 
  8:30~17:00

★おやこであそぼう!

 ブログや保護者専用ページに
 親子で遊べる楽しいことを
 載せています。ぜひご覧ください。

新着情報

{{ moment(whatsnews.posted_at).format('YYYY/MM/DD')}}
{{ whatsnews.category }}
{{ whatsnews.posted_name }}
{{ whatsnews.post_detail_strip_tags }}

教育委員会からのお知らせ

特にありません

幼稚園ブログ

畑で芋ほり

2020年10月27日 07時31分

南山幼稚園の園庭の奥に
緑豊かな畑があります。
ここは、
六本木高校と南山小学校、
南山幼稚園が共有して
使用する畑です。

今年度は、
臨時休業の間に
六本木高校の生徒さんが
サツマイモの苗を
植え、育ててくださいました。

今日は、ここで芋ほりです。

「よろしくお願いします!」
と元気に挨拶をして・・

さぁ 掘ろう!掘ろう!

さくら組からばら組へ

2020年10月23日 16時57分

5歳児さくら組から
リレーのやり方を
教えてもらい
4歳児ばら組が
挑戦しました。

「丸いの(バトン)をもらったら
 すぐに走るんだよ・・」
「三角のところを回ってくるんだよ・・」

5歳児にリードされながら
4歳児が折り返しリレーを学んでいきました。



やり方も
だんだん分かってきて
リレーの楽しさも
分かってきました。

走る!走る!
走るって楽しいね~


4歳児ばら組の忍者のリズムを一緒に踊り



最後に
「これ、使っていいですよ・・」と
さくら組からばら組へ
三角コーンとバトンを
譲り受けました。

ばら組からりんご組へ

2020年10月23日 12時50分

4歳児ばら組がやっていた
「忍者」のリズムを
3歳児りんご組に教えてあげました。



かっこいいね
やりたくなっちゃったね・・
 
じゃあ いっしょにやってみようね



嬉しそうなりんご組、
得意になって教えるばら組、

たくさんの忍者たちの修行です。

開園記念日のお祝い

2020年10月22日 18時44分

開園記念日に
3歳児りんご組と
4歳児ばら組は、
手作りのケーキを作って
みんなでお祝いをしました。




美味しそうにできました。


「おたんじょうびおめでとう!」
園庭で楽しくお祝いをしました。



みそ汁でお祝い

2020年10月22日 17時28分

今年度、
臨時休業中に作った味噌の
発酵が順調に進み
無事にでき上がりました。

今日は、
開園記念日のお祝いに
味噌汁をいただきました。


味噌造りでは、
麻布十番商店街 吉野屋豆腐店の
岡田さんに
大変お世話になりました。
そのため、
開園記念日のお祝いを
一緒にしました。

岡田さんは、
南山幼稚園の修了児です。
オリンピック前の年は
年長組でした。という話があり、
今のさくら組と一緒です。

子どもたちも驚きでした。

開園記念日の出来事(その3)

2020年10月22日 17時00分

「さくら組さんが
 幼稚園のマークを
 集めているよ・・」
 
「私たちも
 見つけよう!」

楽しそうなことがあると
子どもたちのアンテナも
すぐに反応し
とらえていきます。

さすが! 4歳児ばら組です。


自分たちで
幼稚園内の地図を作りました。

そして、「どこにあるのかなぁ・・」
と、あれこれ考え始めました。

開園記念日の出来事(その2)

2020年10月22日 14時00分

りんご組担任についていた
園章は、
見事にゲットしました。

残るは、いくつ?・・・
園章を探して、行ったり来たり・・

あやしい・・


4歳児ばら組担任のもとに近づきます・・


「あった!」の声

逃げる逃げる・・・!!
担任が走るから
ばら組の子どもたちも
後を追います。



みんなが走っているから
理由が分からなくても
3歳児りんご組も
後を追います。

校庭を数周まわって
お見事!
ばら組担任の肩についていた
園章をゲットしました。

すごいぞ!さくら組

開園記念日の出来事(その1)

2020年10月22日 13時00分

10月22日に
本園は、86年目の
開園記念日を迎えました。

昭和9年の開園は、
港区立幼稚園の中でも
2番目に歴史のある幼稚園です。



50年前の園舎です。
今とは違いコの形の
校舎・園舎でした。
幼稚園は、手前の体育館の横のあたりに
ありました。

ー・-・-・ー


今日は、開園記念日、
今日は、特別!

特別な日

なので・・

さくら組は、
大きなイベントの
はじまりです。

それは、
「園内にある86個の
幼稚園のマーク(園章)を
集めよう!!」です。

「鳩がいるマークだ!」と
さくら組。
さすがです。
感度の良い仲間です。

未就園児の会「こばとクラブ」

2020年10月21日 13時49分

地域の小さいお友達が
一緒に過ごす
未就園児の会
『こばとクラブ』

今日はいい天気

3歳児りんご組が出てきて
「一緒に踊ろう!」



「バナナくん体操だよ」

親子で遊ぼうデー(りんご組)

2020年10月17日 13時30分


3歳児りんご組は、
おうちの人と
「バナナくん体操」です。
うれしいね・・


パンダちゃんも来たよ・・!


「一緒に踊ろう!」
みんなでパンダのリズムを踊りました。


最後は、

親子で遊ぼうデー(ばら組)

2020年10月17日 13時16分

親子で遊ぼうデー
初めは
4歳児ばら組の時間です。

親子でディズニー体操を
してから「かけっこ」

忍者のごとく
走りました。

次は
親子で忍者の修行をしました。


跳んだり、投げたり、渡ったり・・
忍者は、力をたくさん出しました。

最後は、
ばら組のリズム
「勇気、元気100パーセント」です。

親子で遊ぼうデー(さくら組)

2020年10月17日 13時04分



5歳児さくら組の
始まりは、
さくら組の行進です。
 

次に体操です。

掛け声をかけながら
「青い空に 絵を描こう」
で体操をしました。

そして、親子で
「めざせ!未来のオリンピアン」



大きなパワーリフティング。
子どもたちも一緒に
持ち上げました。

あ~した 天気になあれ!(その2)

2020年10月16日 18時12分

明日の親子で遊ぼうデーを控え
各学年は、
笑顔   と 涙(?)になりました。

3歳児りんご組

「パンダちゃん、おなかすいたの?」
「待っててね・・」と
玉入れが始まりました。







たくさん入るようになりました。
笑顔がいっぱい。



4歳児ばら組
  

忍者のリズムを
さくら組が見に来てくれました。
たくさんの拍手に
笑顔がいっぱい。

あ~した 天気になあれ!

2020年10月16日 18時08分

明日は、いよいよ
親子で遊ぼうデーです。


あいにく天気予報は

あめ!絵文字:小雨

今日もどんよりと
曇っています。


そして、雨の確率は
100パーセント!

こんなこと・・・絵文字:絶望

とはいえ
南山幼稚園の子どもたちは、
めげないです。

あ~した天気になあれ!!

5歳児さくら組がつくった
てるてる坊主が並びました。




こんなにいっぱいっぱいの
てるてる坊主は
子どもたちの思いです。


毎日の取組みの中で、
みんなでなにかをやること、
つくりあげることが
子どもたちにとって
とても「大事なこと」として
はぐくまれてきました。


だから・・
「天気になってほしい」
という思いが強く、強く
あります。

親子で遊ぼうデーに向けて(さくら組)

2020年10月12日 16時36分

さくら組のリレーが
毎日、接戦を
繰り返しています。


今日は、
はじめてのビブス
走る順番の数字が
書いてあるものを
身に付けました。

毎日の積み重ねで
走り方に変化が見られるようになりました。
バトンも落とすことがなくなってきました。

でも 

でも

まだ

勝敗は、分かりません。
行なうたびに
一喜一憂している子どもたちです。
今週また、
驚くようなことがあるかもしれません。